動脈硬化検査、胃腸科・胃内視鏡検査(胃カメラ)、内科・外科・肛門外科・眼科専門の露木クリニックです

露木クリニック
  ごあいさつ 診療科目 診療時間 アクセス  
 
 
ホーム → news
 
 
 
 
クリニックニュース 2022-11

 

加齢黄斑変性 ~ものが歪んで見えたりしていませんか?~

日本医師会企画「健康プラザ」より引用

 

自覚症状

 

加齢黄斑変性は、眼底の中心である黄斑
(図1)という部分に病変があり、ものが歪んで見えたり、ぼやけて見づらくなったりする病気です。文字や顔の表情が見づらくなったり、車の運転に支障を来したりします。50歳以上の1%以上の方に見られ、最近、増加しています。

 
2022-10-1
 

病変の状態と治療

 

加齢黄斑変性は、黄斑部に新生血管という病的な血管が形成され、そこからの出血や滲出物が黄斑部にダメー ジを与える「滲出型加齢黄斑変性」(図2)と、黄斑部の神経や血管が変性する「萎縮型加齢黄斑変性」の2種類に分けられます。滲出型には、薬剤を眼内(硝子体内)に繰り返し注射する抗血管内皮増殖因子療法(抗VEGF療法)が行われます。治療効果は高いのですが、後遺症が残ることが多いので、早期発見・早期治療が重要です。萎縮型には今のところ治療法がありませんので、予防が菫要になります。

2022-10-2

発症リスクと予防

 

加齢黄斑変性の発症リスクには、喫煙、高脂肪食、メタポリックシンドローム、遺伝子の変化などがあります。遺伝子の変化以外は、リスク因子を回避することが予防になります。特に喫煙は枇界中のどの疫学調在においても、最大のリスクです。過去に喫煙 していても、その後に禁煙を続ければリスクが下がることも知られています。ぜひ禁煙していただくようお勧めします。
生活習慣を改善し、もしも症状に気づいたらすぐに眼科を受診するのが、今できる最良の方法です。

2022-11-3
 
 
 

トップページ診療科目胃内視鏡検査動脈硬化検査リクルートアクセス在宅医療・往診デイサービスリンク

 

医療法人社団三正会

露木クリニック

〒222-0012神奈川県横浜市港北区富士塚1-11-39 【Tel 】045-401-6633 【Fax 】045-423-0811