動脈硬化検査、胃腸科・胃内視鏡検査(胃カメラ)、内科・外科・肛門科・眼科専門の露木クリニックです

露木クリニック
  ごあいさつ 診療科目 診療時間 アクセス  
 
 
ホーム → news
 
 
 
 
クリニックニュース 2018-7

皮膚の感染症

日本医師会企画「健康プラザ」より引用

 

ジメジメした梅雨時、皮膚にはさまざまな病原体(カビ、細菌など)がつきやすくなります。そこで、特に気をつけたい症状を紹介します。

 

水虫(足白癬:あしはくせん)

 

白癬菌というカビ(真菌)が皮膚表面に寄生することで発症する疾患です。かゆみを伴うみずぶくれができ、皮がむけます。特に蒸れやすい足の小指の股や足の裏でおこりやすく、小指の股では白くふやけてただれることもあります。正しい治療をしないと、水虫のところがかぶれて感染し、足が腫れ、痛みで歩けなくなることもあります。

 

予防には、外出から帰ったときに、足を洗います。家族に水虫の人がいる場合は、脱衣所などでは別の足ふきマットを使いましょう。

 

足の皮膚病には、症状が水虫と似ている汗疱(かんぽう・異汗性湿疹)や掌蹠膿疱(しょうせきのうほうしょう)もあります。自己判断せずにかかりつけの皮膚科で検査をして、水虫かどうか診断を受け、適切な薬を処方してもらいましょう。

2018-7-1
 

とびひ(伝染性膿痂疹)

 

乳幼児におこりやすい疾患で、皮膚が赤くただれ、かさぶたができます。カサカサした皮膚や虫刺されを掻いていると、皮膚に傷がついて、黄色ブドウ球菌という細菌が皮膚の上で繁殖します。掻いていると、どんどんまわりの皮膚にうつるので「とびひ」と呼ばれます。

 

患部が広がる前に、かかりつけの皮膚科を受診し、薬を処方してもらいましょう。とびひになってしまったら、幹部を石鹸の泡で洗浄後、シャワーで洗い流し、薬を塗ってガーゼで覆います。症状によっては、菌が繁殖しないよう飲み薬が必要になることもあります。

2018-7-2
 
 
 

トップページ診療科目胃内視鏡検査動脈硬化検査リクルートアクセス在宅医療・往診デイサービスリンク

 

医療法人社団三正会

露木クリニック

〒222-0012神奈川県横浜市港北区富士塚1-11-39 【Tel 】045-401-6633 【Fax 】045-423-0811