動脈硬化検査、胃腸科・胃内視鏡検査(胃カメラ)、内科・外科・肛門科・眼科専門の露木クリニックです

露木クリニック
  ごあいさつ 診療科目 診療時間 アクセス  
 
 
ホーム → news
 
 
 
 
クリニックニュース 2016-1

感染症胃腸炎 手洗いを習慣に

日本医師会企画「健康プラザ」より引用

 

感染症胃腸炎とは?

さまざまな細菌やウイルスが原因となっている胃腸炎を、感染性胃腸炎と呼びます。ほぼ1年を透してみられる病気ですが、とくに冬場場に流行する原因の大半はノロウイルスやロタウイルスです。病気にかかっている人の便や吐物から、直接健康な人の口にウイルスが侵入します。また人の手指を介しても感染します。子どもや高齢者、持病のある人がかかりやすく、重症になることもあります。


 

脱水に注意

主な症状は吐き気、下痢、発熱です。症状は数日でおさまりますが、ごくまれに吐いたものが喉に詰まることがあるので注意しましょう。特効薬はまだみつかっていません。嘔吐や下痢などが続くときは、脱水にならないように水分の補給をすることが一番大切です。嘔吐や下痢によって体がウイルスを出そうとしているので、下痢止めの薬を安易に用いてはいけません。

 
2016-1
 

集団発生をおこさないために

症状があるのに保育園、幼稚園、学校などに行くと、そこで感染が広がり、次に別の家庭に広がってしまいますので、症状がおさまるまでは集団生活をさけるようにしましょう。自分がかんせんするのを予防するためにも、お手洗いの後や食事の前に「流水と石けんによる手洗い」を徹底しましょう。乳幼児や高齢者がかかった場合や、症状がひどいときは、早めにかかりつけの医師を受診してください。

 
2016-2
 
 
 

トップページ診療科目胃内視鏡検査動脈硬化検査リクルートアクセス在宅医療・往診デイサービスリンク

 

医療法人社団三正会

露木クリニック

〒222-0012神奈川県横浜市港北区富士塚1-11-39 【Tel 】045-401-6633 【Fax 】045-423-0811