動脈硬化検査、胃腸科・胃内視鏡検査(胃カメラ)、内科・外科・肛門科・眼科専門の露木クリニックです

露木クリニック
  ごあいさつ 診療科目 診療時間 アクセス  
 
 
ホーム → news
 
 
 
 
クリニックニュース 2014-2

小児夜尿症 おねしょ、いくまで大丈夫?

日本医師会企画「健康プラザ」より引用

 

夜尿症(やにょうしょう)って?

5歳までの用事が、夜寝ている間におもらしすることを「おねしょ」といいます。これは成長の途中のもので病気ではありません。5歳を過ぎても、1週間に何回もおねしょが続くものを「夜尿症」といい、これは診療の対象になることがあります。おしっこをためる膀胱の大きさと、夜眠っている間につくられるおしっこの量とのバランスが悪いことが原因と考えられます。夜尿症は5歳児の20%、小学校高学年の5%にみられています。

 

こんなことに気をつけよう

おねしょをする子どもには起こさない」「焦らない」「怒らない」ことです。夜中に起こしてトイレに行かせるのは、眠るリズムを乱し、おしっこの量の調節や膀胱の働きを悪くするので、逆効果です。おねしょをしなかった朝は、たくさんほめてあげましょう。家庭では、早寝早起きの規則正しい生活を心がけ、夕方から水分を控えて、寝る3時間前には夕食を終わらせること。これがポイントです。

2014-2-1

お医者さんにはいつ?

おねしょ(夜尿症)はそのうち治る、とよくいわれます。確かに12歳を過ぎるころには、おねしょはなくなることが多いのですが、成人まで続くことがあります。わずか5%未満ですが、原因として別の治療を必要とする病気が隠れていることがあります。

小学校に入ってもおねしょが続いている場合は、かかりつけの意思に相談してみましょう。受診のときはどのくらいの頻度でおねしょがあったか、メモを持っていくとよいでしょう。

 


 
 
 

トップページ診療科目胃内視鏡検査動脈硬化検査リクルートアクセス在宅医療・往診デイサービスリンク

 

医療法人社団三正会

露木クリニック

〒222-0012神奈川県横浜市港北区富士塚1-11-39 【Tel 】045-401-6633 【Fax 】045-423-0811