動脈硬化検査、胃腸科・胃内視鏡検査(胃カメラ)、内科・外科・肛門外科・眼科専門の露木クリニックです

露木クリニック
  ごあいさつ 診療科目 診療時間 アクセス  
 
 
ホーム → news
 
 
 
 
クリニックニュース 2022-2

 

こどもの運動器の健康とスポーツ ~ スポーツは諸刃の剣

日本医師会企画「健康プラザ」より引用

 

運動・スポーツがなぜ必要か

 

スポーツは楽しみながら自発的に行う身体活動です。体の成長?発達の促進や、体カ・技術・精神カ・社会性(自主性、協調性、責任感、連帯感)を向上させ、人間形成に影響し、将来のメタボやロコモティブシンドローム(通称:ロコモ)のリスクの減少にもつながるため、特に子どもにとって必要不可欠です。

 

現代の子どもの健康問題

 

現代の子どもの運動器(*1)は、身体の成長に比べ体力が伴っていないことが特徴です。運動習慣に関する二極化(運動過多と運動不足)に加え、コロナ禍の休校や外出自粛が影響し(図1)、体の健康だけでなく心の健康も社会的問題となっています。

2022-2-1
 

将来のロコモ予防にも、子どもの頃から対策を!

 

過剰または不適切な運動・スポーツは、スポーツ外傷・障害のリスクがあります。野球肘・肩(*2)やオスグッド病(*3)などを発症し、痛みや機能障害の残存につながります。
子どもの体は未成熟なため、成長に合わせた適切な遊び・運動・スポ ー ツの指導と実践が大切です(図2)
また、子どもの頃から対策を講じることにより、将来のロコモ予防にもつながります。運動器の検診や体力測定、講話や運動・体操指導が役立ちます。

2022-2-2
 

*l 運動器:骨、関節、筋肉、神経などの身体を支えたり動かしたりする組織・器官の総称。

*2 野球肘・肩:投球動作を繰り返すことで引き起こされる肘、肩の障害。

*3 オスグッド病:膝に強い負担がかかるスポーツにより発症し、膝の下の骨が隆起し、痛むスポーツ障害。小中学生男子に多い。

*4 自重トレーニング:おもりなどの道具は用いす、自身の体重を負荷として利用する

   筋力トレーニング。腕立て伏せ、腹筋、スクワットなど。

 

 
 
 

トップページ診療科目胃内視鏡検査動脈硬化検査リクルートアクセス在宅医療・往診デイサービスリンク

 

医療法人社団三正会

露木クリニック

〒222-0012神奈川県横浜市港北区富士塚1-11-39 【Tel 】045-401-6633 【Fax 】045-423-0811