動脈硬化検査、胃腸科・胃内視鏡検査(胃カメラ)、内科・外科・肛門外科・眼科専門の露木クリニックです

露木クリニック
  ごあいさつ 診療科目 診療時間 アクセス  
 
 
ホーム → news
 
 
 
 
クリニックニュース 2021-8

 

災害時のために、持病の薬を備えていますか?

日本医師会企画「健康プラザ」より引用

 

災害はいつ起こるかわからない

 

地震や豪雨などの災害はいつ起こるかわかりません。豪雨により緊急に避難しなければならなくなったり、外出先で被災して帰宅できないことがあるかもしれません。かかりつけの医療機関や薬局が被災して、しばらく受診できなくなることもあります。

 

持病の薬の備え

 

高血圧や糖尿病、心臓病などの慢性疾患で薬を飲んでいるかたは、薬が足りなくなると命にかかわることもあります。持病の薬は、非常用に3日分を準備しておくと良いでしょう。できれば7日分あると、より安心です。
先にもらった薬から飲んで、新しい薬を非常用に備え、次に薬をもらったら新しい薬と取り換えて、常に薬が古くならないようにします。保管する場所に条件(冷暗所、常温、など)のある薬もあるので注意しましょう。

 
2021-8-1
 

情報管理はさまさまな方法で

 

避難先でもし薬が足りなくなっても、お薬手帳や、薬と一緒にもらう説明書を持っていれば、カルテがなくても処方の内容がわかり、いつもの医療機関でなくても、これまでと同様の薬を出してもらうことができます。お薬手帳は既往歴や副作用歴、アレルギー歴も記載して、健康保険証や薬と一緒にいつも持ち歩くと良いですが、コピーしてお財布や非常持ち出し袋も入れておきましょう。スマートフォンを持っていれば、電子お薬手帳を活用することもできます。自身のからだの情報は複数の方法で管理しておくと安心です。

 
2021-8-2
 
 
 

トップページ診療科目胃内視鏡検査動脈硬化検査リクルートアクセス在宅医療・往診デイサービスリンク

 

医療法人社団三正会

露木クリニック

〒222-0012神奈川県横浜市港北区富士塚1-11-39 【Tel 】045-401-6633 【Fax 】045-423-0811