動脈硬化検査、胃腸科・胃内視鏡検査(胃カメラ)、内科・外科・肛門科・眼科専門の露木クリニックです

露木クリニック
  ごあいさつ 診療科目 診療時間 アクセス  
 
 
ホーム → news
 
 
 
 
クリニックニュース 2018-12

高齢者の低栄養とタンパク摂取 若々しく生きるためには

日本医師会企画「健康プラザ」より引用

 

高齢化社会と低栄養

 

わが国では少子高齢化が加速し、近い将来、一人の若者が一人の高齢者を支えるようになる、といわれています。もし、それが現実となれば、支える若者が働きながら高齢者の面倒を見るという本当に厳しい状況を迎えます。
誰の身にも、いつかは老いが必ずやってきます。身体はだんだんと衰えていきますが、この老化促進の原因の一つか低栄養です。特にタンパク摂取が少ない人は手足が細く、足腰が弱くなります。骨格筋が衰弱するためで、これをサルコペニアといいます。
サルコペニアの人は病気やケガなどに弱く、その治療においても合併症や副作用が多くなることがわかっています。サルコペニアは一般的に、60歳以上の15~30%、80歳以上の50%以上の方に認められるといわれています。該当する年齢の人は、まず、ご自身が低栄養ではないかと疑ってみることが大切です

 

サルコペニアとタンパク摂取量

 

サルコペニアは、男性のほうが年齢と共に顕著になっていきます。その原因としては、タンパク摂取量の減少が指摘されています(図)。一方、女性は元々男性よりも筋肉量が少ないので、当初、差が目立ちませんが、やはりタンパクの摂取が減少すると一気にサルコペニアになります。

2018-12
 

若々しく生きるためには

 

アンチエイジング(抗加齢)が可能であれば、実年齢は高くとも身体年齢や精神年齢を若返らせることができます。そのためには、まず低栄養に陥らないように気をつけて、下・表に示した栄養成分のうち、特にタンパク摂取が決して減少しないように心がけましょう。

 
2018-12-2
 
 
 

トップページ診療科目胃内視鏡検査動脈硬化検査リクルートアクセス在宅医療・往診デイサービスリンク

 

医療法人社団三正会

露木クリニック

〒222-0012神奈川県横浜市港北区富士塚1-11-39 【Tel 】045-401-6633 【Fax 】045-423-0811