動脈硬化検査、胃腸科・胃内視鏡検査(胃カメラ)、内科・外科・肛門科・眼科専門の露木クリニックです

露木クリニック
  ごあいさつ 診療科目 診療時間 アクセス  
 
 
ホーム → news
 
 
 
 
クリニックニュース 2016-4

脳卒中予防は、血圧のコントロールから

日本医師会企画「健康プラザ」より引用

 

脳卒中とは

 

脳卒中とは、脳の血管がつまったり、破れたりして、脳の中の細胞に栄養が届かなくなってしまう病気です。脳卒中になると、話しにくくなったり、体に麻痺が起こるなどの後遺症が残ることが多いので、脳卒中にならないようにすることが重要です。


 

予防法は、血圧のコントロールから

 

脳卒中の最大の予防は血圧を正常に保つことです。そのためには、3つの方法があります。
第1は食事療法です。日ごろから食事の内容に気をつけましょう。塩分を控えめにし、肉類や脂肪分の多い食事ばかりではなく、魚や野菜などもとって、栄養バランスのよい食事を心がけます。
第2は運動療法です。適度な運動は動脈硬化を予防し、血圧を正常に保つ効果があります。「ハァ、ハァ」と息があがるような激しい運動ではなく、ラジオ体操やストレッチングなど無理なく体を動かし、続けていけるものがよいでしょう。
食事療法や運動療法を行っても血圧が下がらないときは、第3の方法としてかかりつけ医に相談し、自分に合った薬で血圧を下げる治療をしましょう。

 
2016-4-1
 

血圧測定を日課に

 

血圧を下げる薬を飲むことになったら、自宅で朝と夜に血圧を測定し、その記録をかかりつけ医にみせてください。くれぐれも、自分だけの判断で中止したり、薬の量を変えたりしないようにしましょう。血圧は目にみえませんが、正常に保つことで脳卒中を予防できます。いつまでも健康で元気な生活ができるよう、血圧のコントロールに取り組んでいきましょう。

 
2016-4-2
 
 
 

トップページ診療科目胃内視鏡検査動脈硬化検査リクルートアクセス在宅医療・往診デイサービスリンク

 

医療法人社団三正会

露木クリニック

〒222-0012神奈川県横浜市港北区富士塚1-11-39 【Tel 】045-401-6633 【Fax 】045-423-0811