動脈硬化検査、胃腸科・胃内視鏡検査(胃カメラ)、内科・外科・肛門科・眼科専門の露木クリニックです

露木クリニック
  ごあいさつ 診療科目 診療時間 アクセス  
 
 
ホーム → news
 
 
 
 
クリニックニュース 2016-3

皮脂欠乏性皮膚炎 皮膚の乾燥に注意!

日本医師会企画「健康プラザ」より引用

 

皮脂の働き

皮脂は皮膚を菌から守ったり、水分が蒸発するのを防いでいます。皮脂が減ると外からの刺激に敏感になり、痒みが生じやすくなります。かくと湿疹ができ、それによってさらに痒くなる。これを繰り返すのが、皮脂欠乏性皮膚炎です。
皮脂は、年齢や季節や生活習慣によって減っていきます。このうち、歳を重ねることと冬がくることは、避けられません。しかし生活習慣の工夫で、皮膚炎を防ぐことはできます。


2016-3

皮膚を守るために

お風呂はぬるめに、入浴時間は短めに。体をこすり過ぎるのは、皮脂をこすりおとしてしまうので厳禁です。ナイロンタオルや垢すりは使わないようにしましょう。石鹸は固形がおすすめです。お風呂上りに保湿剤を塗るとよいでしょう。過度の暖房や、電気毛布、コタツや、皮膚が乾燥してしまうので注意しましょう。
お酒を飲むと、体が温まって痒くなります。酔うと、気がすむまでかいてしまうので、飲み過ぎないようにしましょう。熱いものや辛いもの、カフェイン類も痒みにつながります。ほどほどが肝要です。

 

痒くなってしまったら

痒くなったら軟膏を塗り、できるだけかかないようにしましょう。それでも痒みが治まらない場合は、冷やしましょう。もしかいてしまったら、その後は必ず軟膏を塗ることが大切です。軟膏は市販のものがありますが、どれを選ぶか迷ったり、症状がよくならないときは、かかりつけの医師に相談してみましょう。

2016-3
 
 
 

トップページ診療科目胃内視鏡検査動脈硬化検査リクルートアクセス在宅医療・往診デイサービスリンク

 

医療法人社団三正会

露木クリニック

〒222-0012神奈川県横浜市港北区富士塚1-11-39 【Tel 】045-401-6633 【Fax 】045-423-0811