動脈硬化検査、胃腸科・胃内視鏡検査(胃カメラ)、内科・外科・肛門科・眼科専門の露木クリニックです

露木クリニック
  ごあいさつ 診療科目 診療時間 アクセス  
 
 
ホーム → news
 
 
 
 
クリニックニュース 2015-5

かくれ脱水に注意 自分でできる簡単なチェック法

日本医師会企画「健康プラザ」より引用

 

かくれ脱水は、予防が大切

「かくれ脱水」は、本人が気付かないうちに体内の水分がたりなくなっている状態をいいます。放っておくと、夏場ですと熱中症になることもありますので、なるべく早く対策を打ちましょう。
かくれ脱水はお年寄りに起こりやすいものですが、若い人でも、夏バテや二日酔いのときに起こります。お年よりは体内に水分を蓄える力が衰える上、トイレの回数を抑えようと水分を控えたりするので、なりやすいのです。
日頃から、こまめや水分補給(経口補水)を心がけましょう。

2015-5-1
2015-5-2

手の甲をつまんでチェック

かくれ脱水は、正確には病院で採決して調べますが、自分でも左のイラストのように簡単にチェックできます。
方法は、手の甲をハンカチを拾うようにつまみあげてから、すぐに離します。つまんだ跡が消えるまでに3秒以上かかると、かくれ脱水の可能性があります。これで自分だけではなく、様子がおかしいと思った他の人の状態も確認することができます。今までに比べ、つばが出にくくなったり、口の中が渇いたり、あるいは、便がかたくなったり、便秘といった症状も目安になります。体調管理の参考として、定期的に確認し、かくれ脱水にならないようにしましょう。

もし、様子がおかしいと思ったときは、かかりつけの医師に診断をあおいでください。


 
 
 

トップページ診療科目胃内視鏡検査動脈硬化検査リクルートアクセス在宅医療・往診デイサービスリンク

 

医療法人社団三正会

露木クリニック

〒222-0012神奈川県横浜市港北区富士塚1-11-39 【Tel 】045-401-6633 【Fax 】045-423-0811