動脈硬化検査、胃腸科・胃内視鏡検査(胃カメラ)、内科・外科・肛門科・眼科専門の露木クリニックです

露木クリニック
  ごあいさつ 診療科目 診療時間 アクセス  
 
 
ホーム → news
 
 
 
 
クリニックニュース 2015-3

慢性疲労症候群 ~激しい疲れ、痛み、思考力低下が続くとき~

日本医師会企画「健康プラザ」より引用

 
2013-3
 

ただの疲れとは違う

慢性疲労症候群と聞くと、疲れが続いているだけのように思うかもしれません。しかし、これは誰もが感じている疲れとは違います。だるくて体に力が入らない。微熱が続く。筋肉や関節が痛い。眠れない。集中できない。気分が沈んでやる気が起きない。不安でたまらない。このような症状がいくら休んでもとれないのがこの病気です。


 

感染症がきっかけ?

原因はまだよくわかっていませんが、体の神経や内分泌系、免疫系にしばしば異常がみられます。また、風邪などの感染症後になる人が多く、元気だった人が一日中ベッドで過ごす生活になってしまうこともあります。慢性肥料症候群の人の脳を詳しく調べると、脳の中に炎症が認められることがわかってきました。しかし、他にはこれといった特徴がなく、保険診療で認められている検査では以上がみつからないため、周りからはさぼっているように思われることがあります。

 

疲労感が続くときは

慢性疲労症候群は、ただ休むだけではなかなか治りません。特効薬はみつかっていませんが、ウイルスや細菌と闘う力を高めたり、体の酸化によるダメージを抑える治療法があります。また、疲れや痛みを減らすことが期待できる薬もあります。思い当たることもないのに疲れが取れない、頭や関節が痛いといった状態が何ヶ月も続き、日常生活に支障をきたすときは、迷わずにかかりつけの医師に相談しましょう。

 
 
 
 

トップページ診療科目胃内視鏡検査動脈硬化検査リクルートアクセス在宅医療・往診デイサービスリンク

 

医療法人社団三正会

露木クリニック

〒222-0012神奈川県横浜市港北区富士塚1-11-39 【Tel 】045-401-6633 【Fax 】045-423-0811