動脈硬化検査、胃腸科・胃内視鏡検査(胃カメラ)、内科・外科・肛門科・眼科専門の露木クリニックです

露木クリニック
  ごあいさつ 診療科目 診療時間 アクセス  
 
 
ホーム → news
 
 
 
 
クリニックニュース 2015-1

スポーツ後の膝の痛み 予防が大切です

日本医師会企画「健康プラザ」より引用

 
膝はスポーツによって痛めることがもっとも多い関節です。スポーツによるけがは、強い力が加わることによる「急性のけが」と、徐々に症状の出る「慢性のけが」に分けられます。
 

痛みが出て、腫れたら…

膝の急性のけがとしては、靭帯、半月版、軟骨、筋肉、腱といった組織の損傷のほか、骨折、脱臼があります。打ったりひねったりした後に痛みと腫れが強く出る場合には、早めに整形外科を受診することをお勧めします。

最近は若い方だけではなく、中高年のスポーツ愛好家が増加しています。こうした年齢層では年齢とともに半月版、軟骨、腱などがもろくなったり、膝の周りの筋肉がおとろえたりして、それほどおおきなけがでなくても損傷を受けてしまうことがあり、注意が必要です。

2015-1-1

膝を使いすぎると…

慢性のけがは、「使いすぎ症候群」といわれるものです。膝のまわりには、足を動かす筋肉の腱がたくさんついています。スポーツによって筋肉を繰り返し使うことや、筋肉の柔軟性が低下することによって、腱の周囲に炎症が起きて痛む腱付着部症が起こりやすくなります。そのほかに、繰り返し負担がかかって膝関節付近に疲労骨折がおこることもあります。


 

予防には

スポーツ後の膝の痛みを予防するためには、膝まわりの筋肉を強く柔軟性を高めることが大切です。日ごろから、膝関節に負担のかからない方法で、筋肉訓練やストレッチを行うよう心がけましょう。

2015-1-2
 
 
 

トップページ診療科目胃内視鏡検査動脈硬化検査リクルートアクセス在宅医療・往診デイサービスリンク

 

医療法人社団三正会

露木クリニック

〒222-0012神奈川県横浜市港北区富士塚1-11-39 【Tel 】045-401-6633 【Fax 】045-423-0811