動脈硬化検査、胃腸科・胃内視鏡検査(胃カメラ)、内科・外科・肛門科・眼科専門の露木クリニックです

露木クリニック
  ごあいさつ 診療科目 診療時間 アクセス  
 
 
ホーム → news
 
 
 
 
クリニックニュース 2014-8

秋の花粉症 空き地や河原に注意

日本医師会企画「健康プラザ」より引用

 

秋の花粉症

花粉症といえば春のスギやヒノキの花粉症が有名ですが、秋にも花粉症があります。
秋にはブタクサやヨモギなどキク科の花粉によるものが多く、実は日本で最初に見つかった花粉症はブタクサ花粉症です。「キク」が代表する、秋に黄色く咲く草花には注意しましょう。

 

稲穂のような雑草にも注意

見た目が稲穂のような稲科の花粉も原因の1つです。キク科やイネ科の草花はもともと牧草で、水気の多い空き地や河川敷に群生します。秋の花粉症はこのような場所で遊んでいる子どもに多く、強いアレルギー症状がでることがあります。また、カナムラグラやイラクサの花粉や、秋に飛ぶというスギ花粉によることもあります。

 
2014-8
 

近くに行かない

症状はくしゃみ、鼻水、鼻づまりや眼・鼻・のどのかゆみなど、春の花粉症と同じです。キク科やイネ科の草花は背が低いため、スギやヒノキの花粉ほど遠くに飛びません。堤防や河原など、雑草が多く生えている所には行かない、草遊びをしないなど、花粉を吸わないように気をつければ、症状を抑えることができます。
春に花粉症があって秋も同じような症状がでる、あるいは風邪にしては症状が長引いている、かゆみが強い、という時は、秋の花粉症かもしれません。かかりつけの医師に相談しましょう。

  2014-8-2


 
 
 

トップページ診療科目胃内視鏡検査動脈硬化検査リクルートアクセス在宅医療・往診デイサービスリンク

 

医療法人社団三正会

露木クリニック

〒222-0012神奈川県横浜市港北区富士塚1-11-39 【Tel 】045-401-6633 【Fax 】045-423-0811