動脈硬化検査、胃腸科・胃内視鏡検査(胃カメラ)、内科・外科・肛門科・眼科専門の露木クリニックです

露木クリニック
  ごあいさつ 診療科目 診療時間 アクセス  
 
 
ホーム → news
 
 
 
 
クリニックニュース 2013-8

高血圧の薬 食事・運動とともに

日本医師会企画「健康プラザ」より引用


高血圧は生活習慣病のひとつ

日本人の高血圧に関係する一番の原因は、食塩の取り過ぎです。食べ過ぎによる肥満やお酒の飲みすぎ、喫煙も血圧を上げる要因となります。高血圧治療の基本は、生活習慣を見直すことからはじまります。食事では塩分を控え、野菜を多くとり、腹八分目に、また早歩きを1日30~60分するなど適度な運動が欠かせません。これらの生活習慣は一時的ではなく、長続きさせることが大事です。生活習慣が本に戻ってしまうと、血圧を下げる薬の効果が弱くなります。

 

自分でできる血圧チェック

高血圧と診断されたら、早期から治療に取り組み、しっかりと血圧を下げることがとても大切です。自分の血圧の数値を知っていますか? 家庭で血圧をチェックするときは、起床後1時間以内の排尿後に、座って安静にして計ってください。上が135mmHg以上、詩型85mmHg以上のどちらかであれば高血圧ですが、血圧の変化をきちんと記録しておくと治療の参考になります。

飲み忘れないために

薬で血圧を下げる必要がある場合は、飲み忘れが多いと効果がでません。薬を飲んだらカレンダーに印をつける、薬を曜日のついたケースに入れるなどの工夫をしましょう。薬の種類が多いときは、ひとつの袋にパックする“一包化”も効果的です。
なかには降圧薬の作用を弱めてしまったり、血圧が上がってしまう健康食品や薬もあります。血圧がこれまでより上がってきたなど気になるときは、かかりつけの医師に相談しましょう。

2013-8

 
 
 
 
 

トップページ診療科目胃内視鏡検査動脈硬化検査リクルートアクセス在宅医療・往診デイサービスリンク

 

医療法人社団三正会

露木クリニック

〒222-0012神奈川県横浜市港北区富士塚1-11-39 【Tel 】045-401-6633 【Fax 】045-423-0811