動脈硬化検査、胃腸科・胃内視鏡検査(胃カメラ)、内科・外科・肛門科・眼科専門の露木クリニックです

露木クリニック
  ごあいさつ 診療科目 診療時間 アクセス  
 
 
ホーム → news
 
 
 
 
クリニックニュース 2012-5

こむら返りが起こったら

日本医師会企画「健康プラザ」より引用


足がつる“こむら帰り”とは?

ふくらはぎ(場合によっては、すねやももの筋肉)がつることを、俗に「こむら返り」といいます。「こむら」とは、ふくらはぎを指す古語です。こむら返りは極めてありふれた現象ですが、そのメカニズムはまだ十分には解明されていません。おそらくこむら返りを起こす筋肉をつかさどる運動神経に原因があるのだろう、と現在は考えられています。

2012-5-1
 

いろいろな原因が・・・

こむら返りが起こる病気には腎不全、肝硬変、運動神経系疾患、内分泌異常などさまざまなものがあります。中でも、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症といった腰椎疾患が多く、整形外科でよく扱う症状です。このよう症状は健康な人にも起こります。若い人では運動後に休んでいるときや妊娠中にしばしば経験し、お年寄りの2~3人に1人は夜、眠っているときにこむら返りが起きて睡眠を妨げられていると考えられます。

 
2012-5-2

ストレッチが大切

こむら返りが起こったら、つっている筋肉を伸ばすことがもっとも簡単な対処法です。日頃からストレッチ体操を行なっていると予防効果があります。こむら返りを起こしやすい筋肉を1日3回ほど、特に運動前と寝る前によく伸ばすとよいでしょう。しかし、日常生活や睡眠に支障があるほどよく起こる場合には、なんらかの病気が関係している可能性もあります。かかりつけの医師に相談してください。

 
 
 

トップページ診療科目胃内視鏡検査動脈硬化検査リクルートアクセス在宅医療・往診デイサービスリンク

 

医療法人社団三正会

露木クリニック

〒222-0012神奈川県横浜市港北区富士塚1-11-39 【Tel 】045-401-6633 【Fax 】045-423-0811